豊丘の観音堂

 霧の中、ぐねぐねの山道を降りてきたわけですが、不思議と下界は晴れていました。


 如意輪観音堂の看板がありましたが、どう見ても民家です。廊下の新聞入れから中をのぞきますと……

 
 ふつうの仏間のような感じで、押し入れと床の間の間に観音様がいらっしゃいます。


 あの〜、十一面観音には見えないのですが。

広告を非表示にする