読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今出川堀川 「清明神社」

f:id:muukufu:20140608234205j:plain

 あの、「陰陽師・安倍清明」を祀る「清明神社」。

 20年ほど前に映画化され、ちょっとした清明ブームが起こった。漫画化もされている。

 「安倍清明(あべのせいめい ( 921-1005)」

 清明公は孝元帝の御後胤で、幼時より御聡明で陰陽道を極められ、長じて陰陽寮天文博士として朱雀・村上・冷泉・円融・花上・一条の六代の天皇に仕え、移り行く星を見て吉凶を判断した陰陽師。よく「式神(識神とも)」を使い、あらゆることを未然に知ったと伝わる。伝説多し。

f:id:muukufu:20140609101746j:plain

 夜空を見上げ、星を観察する清明公。

  清明神社縁起」

祭神 「安倍清明 御霊神」

御神徳  清明公は稲荷神の御分霊との信仰もあり、魔除け・厄除け・病気平癒、又、火除け・方除けの崇敬を集めている。

神社の由来  寛弘2年(1005)9月26日、御年85にてお亡くなりになると時の帝、一条天皇の御鎮霊の勅旨を持って清明公邸趾に寛弘4年(1007)神社として祀られ現在に至る。

 時は遡り、第60代醍醐天皇の時代。父・宇多上皇のブレーンであった菅原道真を引き継いだが、気に入らず、難癖付けて道真公を大宰府に左遷した。以後都には不幸が連続、打ち続く天変地異に怯えることとなる。これは子・第61代朱雀天皇の時代にも続き、噴火や地震などが頻発し、菅原道真の怨霊が猛威をふるっていると恐れた。そこで頼りにされたのが「陰陽師・安倍清明」である。

f:id:muukufu:20140609110331j:plain

 いろんな所に「五芒星」。

f:id:muukufu:20140609110936j:plain

 清明公は念持力で井戸を湧き出すこともできるようだ。五角形の石蓋にも「五芒星」。元日にその年の恵方に取水口を回転させる。

f:id:muukufu:20140609112612j:plain

 「旧 一條戻橋」。

 清明公は「式神(識神)(陰陽道陰陽師の命令に従って変幻自在、不思議な技をなすという精霊)」12体を自在に操ったが、日常は一條戻橋の下に封じていた。右上の赤いリボンが気になる。

f:id:muukufu:20140609113936j:plain

 こっ、怖い!ジブリアニメに出てきそうなキャラクターの式神だ。

f:id:muukufu:20140609114404j:plain

 顔出しパネルにも清明公と小鬼と共に描かれている。

f:id:muukufu:20140609114904j:plain

 千利休居士聚楽屋敷跡」の碑

 清明神社の地は「千利休宗易居士が聚楽屋敷を構え、茶事を催し、茶湯に用いたとされる井戸(清明井)が現存する旧跡でもある。

f:id:muukufu:20140609115518j:plain

 あら、こんな所にも。

f:id:muukufu:20140609115725j:plain

 18:00。 門は閉ざされ、追い出されてしまった。