読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良 中宮寺

法隆寺東院の先に中宮寺があります。聖徳太子の母穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后の発願で創建されましたが、平安時代には寺運衰退し、鎌倉時代に信如比丘尼が中興しました。後伏見天皇八世の皇孫尊智女王(慶長7年没)が住職となり、以来、尼門跡斑鳩御所となりました。

f:id:muukufu:20150103115928j:plain

中宮寺本堂。高松宮妃の発願、昭和43年落慶

f:id:muukufu:20150103151957j:plain

散華。春には山吹に囲まれるようです。背景は売店の包装紙です。亀さんかわいい。

f:id:muukufu:20150103153503j:plain

ご本尊の如意輪観音の絵はがき。「考える像」として有名な半跏思惟像です。

f:id:muukufu:20150103153744j:plain

天寿国曼荼羅繍帳の絵はがき。聖徳太子が48歳で亡くなり、御妃橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が采女たちに命じて太子が往生された天寿国をモチーフに刺繍をさせました。

f:id:muukufu:20150103154226j:plain

左上の月に桂の木と餅つきをするうさぎさんがいます。

f:id:muukufu:20150103152219j:plain

帰りのバスまで時間があったので、柿の葉ずしをいただきました。

f:id:muukufu:20150103120255j:plain

  ーおまけー

f:id:muukufu:20150217144056j:plain

f:id:muukufu:20150217144121j:plain

広告を非表示にする