読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高岡といえばドラえもん

f:id:muukufu:20170502223155j:plain

富山高岡市藤子・F・不二雄先生(藤本弘)の故郷です。

二人の関係は書ききれないのでWikipediaで調べてね。

藤子不二雄 - Wikipedia

JR氷見線高岡駅の隣、越中中川駅下車徒歩2分の高岡市美術館内に「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」があります。

f:id:muukufu:20170502223356j:plain

ドラちゃんがいっぱいいるよ。

f:id:muukufu:20170502223546j:plain

今回は「キテレツ大百科とものづくり」の特別展をやってました。

f:id:muukufu:20170502223422j:plain

「ドラえも~ん(涙)!!」の声が聞こえてきます。

f:id:muukufu:20170502223455j:plain

川崎市にも藤子・F・不二雄ミュージアムがあるそうだ。コロ助カルボナーラは川崎に行かなきゃ食べられないみたい。

f:id:muukufu:20170502223510j:plain

ドラちゃんどら焼きはミュージアムショップで売ってるよ。

f:id:muukufu:20170502223743j:plain

高岡おとぎの森公園「ドラえもんの空き地」にはドラえもんのび太、ドラミ、しずか、ジャイアンスネ夫が遊んでいます。

f:id:muukufu:20170502234354j:plain

f:id:muukufu:20170502223900j:plain

f:id:muukufu:20170502223943j:plain

 高岡駅前にはドラちゃんファミリーのブロンズ像。

 未来の高岡と共に

 私が、ここ高岡で生まれたのは昭和8年のことです。このふるさとの自然の中で遊びながら、私の体と心は育ちました。 時代とともに変わっていく高岡。その中に生まれたこの公園が昔も今も変わらない子供たちのオアシスとして、いつまでも子供たちの夢と創造性を育む場であってほしいと願います。

      1994年7月   藤子・F・不二雄

f:id:muukufu:20170502224045j:plain

f:id:muukufu:20170502224117j:plain

f:id:muukufu:20170502224147j:plain

駅構内のドラえもんポスト。

f:id:muukufu:20170502224214j:plain

高岡駅にもハットリくん電車がいたよ。